TECHNOLOGY & MARKET

手がけるのは世界初の技術です。
それはハンドメイド植毛を機械化することです。
この画期的な技術の成功によってハンドメイド植毛の大量生産が可能となり、
大幅なコスト削減を実現できるようになりました。
私たちは100年近く変わらなかった毛髪業界の文化と消費者の意識を改革します。

現在、価格が安いミシンメイド植毛のウイッグが大勢を占めていますが、不自然で重く、
通気性も悪いのが現状です。逆にハンドメイド植毛は自然で軽く、通気性があり、フィット感も
ありますが、高価でバリエーションが少ないのが欠点です。
ハンドメイド植毛が高価な理由は後進国での職人仕事に依存している現状にあります。
ハンドメイド植毛は作業に時間がかかり、品質も職人の個人差が露出しているのが現状です。
さらに労働賃金の安さから後進国に工場を設けてきましたが、近年その賃金は高騰の傾向にあり、
5年後には倍以上になるデータがあります。

たとえば、アメリカ白人女性のウイッグ消費量は全体の約30%です。
アフリカ系女性とは違ったコンプレックスやファッション動機により、気軽にウイッグを使用する
傾向にあり、年々その熱量は高まってきています。
価格・品質がオープンになれば、この傾向は必ず日本に波及し、ファッション感覚を前提とした
健全なコンプレックス改革となり、後ろめたさや秘匿性が消失し、誰もが気軽にショップや
美容院で髪型を楽しむ時代になると確信しています。